So-net無料ブログ作成

芸能人の整形画像とメイク方法2017

栗山千明や中谷美紀、堀北真希をはじめとした芸能人や海外セレブの整形前、整形後の画像情報などをお届けします。安室奈美恵や石原さとみ、少女時代などマネしたい芸能人のメイク方法も紹介!

松嶋菜々子のメイク方法をチェック! [芸能人のメイク方法]

人気女優、松嶋菜々子さんのメイク方法をチェックしていきます♪

スポンサーリンク





松嶋菜々子のメイク方法画像.png

松嶋菜々子さんは1973年10月13日生まれの今年41歳。

1991年、松嶋菜々子さんが当時高校3年生の時に『旭化成水着マスコットガール』に選ばれて芸能界デビューしています。

翌年の1992年には女性ファッション誌『ViVi』の専属モデルを務め、さらに第17代『旭化成せんいキャンペーンモデル』にも選ばれました。

さらにはテレビドラマ『社長になった若大将』で女優デビューを果たすなど、1992年は松嶋菜々子さんにとって大いに飛躍の年になったようです。

松嶋菜々子さんが芸能界に入ったきっかけは高校生時代のスカウトだったそうで、昔から身長が高いことがコンプレックスだった松嶋菜々子さんが、それを生かせるならとモデルの仕事を始めたそうです。

身長が高いとは思っていましたが、172センチもあるとは思いませんでした。

その後は1996年、松嶋菜々子さんが23歳の時に NHK朝の連続テレビ小説『ひまわり』のヒロイン役に抜擢され、一躍国民的女優さんの仲間入り果たします。

その後の活躍はご存知の通りですが、再び松嶋菜々子さんが注目を浴びたのが2011年放送の「家政婦のミタ」への出演でした。

役柄は仕事は完璧にこなすも無表情で機械的な家政婦というこれまでの松嶋菜々子さんが演じてきた役柄とは全く異なるイメージの主役を演じ、ドラマの内容も受けて大評判となりました。


その時の松嶋菜々子さんの画像がこちら。

松嶋菜々子の家政婦のミタメイク画像.png

このドラマに出演している松嶋菜々子さんのメイクは年齢以上に老けて見えるというか、目の下にクマができていたりして、決してキレイに見せるメイクはしていないのがこの画像からもわかります。

これはドラマの内容に合わせてわざわざ老け顔&不幸せ顔に見えるメイクにしていたからだそうで、いつもキレイでいることを求められることが多いはずの女優さんが大変だなと思ってしまいました。

とはいえ、このドラマの平均視聴率は25.2%、最高視聴率は日本のテレビドラマ史上歴代3位タイとなる40%という驚異の高視聴率を記録し、世間でもミタブームが沸き起こりました。

さらに第7回「女性が選ぶなりたい顔ランキング」では20代の若い芸能人がほとんど上位を占める中、前回同様第9位にランクインするなど、幅広い年齢層の女性に人気を誇っています。

40代になった今でもドラマや映画、CMにと大活躍の松嶋菜々子さんはいったいどんなメイク方法をしているのか?

様々な画像から松嶋菜々子さんのメイクの秘訣を見ていきたいと思います♪





松嶋菜々子さんのメイク方法とは?

まずはこちら。

若い頃の松嶋菜々子さんのメイク画像です。

松嶋菜々子のロングヘアーメイク画像.png

今でもキレイな松嶋菜々子さんですが、このロングヘアー時代も本当にキレイでした。

この松嶋菜々子さんのメイク画像の中で一番目につくのはピンクの口元です。

チークも同じくピンク系のカラーを使い、全体的に淡い雰囲気の仕上げています。

眉はヘアカラーと同色系のダークブラウンのカラーを使っています。

また目元ですが、ブラックのマスカラとアイラインで目の周りをぐるっと囲み、さらに目の下の涙袋の位置にはホワイトのカラーをのせています。

アイカラーはこの画像からだと詳細がわかりませんが、色味が強すぎず、地顔を生かしたメイクに見えます。

口元やチークにピンク系のカラーを使っているので全体的に可愛らしい雰囲気もありますが、同時にきりっとした女性らしいメイクに見えます。

今はショートヘアーにしている時のほうが多いように感じる松嶋菜々子さんですが、この画像のようなロングヘアー姿をまた見てみたいですね。




次にこちらは映画「藁の楯」に出演した松嶋菜々子さんがインタビューに答えた時の2013年の画像です。

松嶋菜々子のメイク画像.png

前髪の隙間から見える眉は自眉毛を生かして薄ら色をのせる程度にしか描きこんでいません。

アイラインは上まぶたにラインをしっかり描き入れ、目の下は目じりから黒目までの半分に黒のラインを入れています。

目元はゴールドパール系のカラーをのせ、目の下にも同色でカラーをのせています。

口元は艶やかなピンク系のリップを使い、チークも同じくピンク系のカラーをのせています。

全体で見て色味の少ないメイクではありますが、その中でも口元のピンクがキレイに引き立っています。


この映画では女性SPとして数々のアクションシーンもこなしていた松嶋菜々子さん。

事前の準備はどれくらい前から行ったのかという質問に、松嶋菜々子さんは次のように答えています。

「個人的に体力作りを兼ねてトレーニングしていた期間が約半年間。クランクインの2ヵ月前からはプロの方に拳銃の構え方や動きを教えていただきました。身体で覚えなければいけない部分が多かったので、時間をかけられてよかったです。」

映画撮影のために半年も前から準備をしているなんて、やはりプロですね~!

私もこの映画を観ましたが、松嶋菜々子さんは二人もお子さんがいるとは思えないくらい身軽な動きでアクションシーンを次々とこなしていました。

まさに事前準備のたまものだったんですね。




次にこちらはショートヘアーの松嶋菜々子さんの画像です。

松嶋菜々子の最近のメイク画像.png

こちらの松嶋菜々子さんは目元が一番際立つメイクになっています。

眉は自眉毛を生かしながらヘアカラーに合わせてブラック系のカラーを使い色を描きこんでいます。

眉のラインは小鼻脇から目じりを通ったラインの延長線上に眉尻が来るように描いています。

また目元ですが、普段の松嶋菜々子さんには珍しくエクステかつけまつげを付けて、目をはっきり見せています。

目元はブラックのアイラインを上下に入れ、目の周りをぐるっと描きこんでいます。

さらに黒のアイシャドーをまぶた上から目の下目じり側にいれ、上下を「くの字」に太目につなげています。

アイカラーはシルバー系のカラーでしょうか?

少し暗めのカラーを使って、大人っぽい雰囲気の目元に仕上げています。

チークは薄いピンク系のカラーをのせ、さらに口元はベージュ系のピンクのカラーを使い、口元よりも目元を一番引き立てるメイクにしています。

この画像で松嶋菜々子さんが着ているファッションもネイビーカラーで、メイクとファッションのカラーに統一感があります。

さらに耳元のホワイトのイヤリングがダーク系のカラーの中でアクセントになっていますね。





次にこちらも目元をより強調させたメイクをした松嶋菜々子さんの画像です。

松嶋菜々子のキレイナメイク画像.png

こちらの画像の松嶋菜々子さんは普段よりも痩せているのか、フェイスラインがだいぶシャープに見えてよりキレイに見えますね。

眉はこちらも自眉毛を生かして、直線的にラインを描いています。

また目元ですが、目の周りをブラックのアイラインでぐるっと囲み、まつ毛は目じり側のみカールアップさせて目元をシャープに見せています。

またアイカラーもダーク系のカラーを使い、目の下、目じり寄りにカラーをいれて、目の横幅を出すようなアイメイクになっています。

また口元もベージュ系のリップを使い、目元を一番引き立てるメイクになっています。

松嶋菜々子さんのアップにしたヘアスタイルや大ぶりのゴールドのイヤリングなど、全体で見て大人っぽい雰囲気です。

こちらの松嶋菜々子さんの画像は中国の雑誌に載ったもののようですが、中国の方が好きそうなメイクになっているのかもしれませんね。




こちらも上の画像と同様にアップスタイルにした2011年の松島菜々子さんのメイク画像です。

松嶋菜々子のアップヘアメイク画像.png

ヘアスタイルは同じような感じですが、メイクの違いで松嶋菜々子さんの見た目の雰囲気も大分違いますね。

こちらのアイメイクはこの時の衣装と合わせているのかパール感のあるカラーを使っているのがわかります。

アイラインは目元上下にしっかり入れ、目の下、涙袋の位置にはまぶたと同色のカラーをのせているので目元がキラキラしていますね。

チークとリップはピンク系の控えめなカラーを使っていますが、全体的に見て目元や口元がそれぞれ主張すぎることがない、まとまった上品なメイクになっているように感じます。

こちらも画像でも耳元のイヤリングが顔周りを華やかに演出しています。

これで垂れ下がらないタイプのイヤリングをすると地味になりすぎてしまうので、パーティなどのシーンでお手本にしたアクセサリー使いですね。


ちなみにこちらは映画「犬とあなたの物語 いぬのえいが」でのインタビューの時の松嶋菜々子さんの画像ですが、松嶋菜々子さんは実生活でも2匹のドーベルマンを飼っています。

日本警察犬協会の訓練試験にも合格するほどきちんとしつけを受けているそうですが、インタビューでは「私が飼っている犬も怒られると、耳を寝かせたまま顔を動かさず、目だけチロッと(笑)」と語っていた松嶋菜々子さん。

ところがこのインタビューの数か月後、飼い犬が隣人を噛んでしまうというトラブルを起こしてしまったのは有名な話ですね。

ドーベルマンに噛まれるとは想像するのも恐ろしいですが…。




次にこちらは2013年、第24回日本ジュエリーベストドレッサー賞30代部門を受賞した時の松嶋菜々子さんの画像です。

松嶋菜々子のメイク方法画像.png

この時の松嶋菜々子さんのメイクの中で一番目につくのは口元です。

目元はよく見るとピンク系のカラーを使い、チークも同じく薄めのピンクのカラーで色をのせています。

口元は赤いリップで、口元が一番引き立つメイクになっていますね。

松嶋菜々子さんのメイクではここまで赤いリップを使うのは比較的少ないですが、ショートにしているヘアスタイルのせいか派手と言うよりは落ち着いた雰囲気に見えます。

松嶋菜々子さんは1999年の26歳の時にも第10回日本ジュエリーベストドレッサー賞20代部門を受賞しているので、30代と連続受賞になります。

この日本ジュエリーベストドレッサー賞は、日本ジュエリー協会主催の著名人に贈られる賞で、過去一年を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を世代別に男女で選考し、表彰しています。

ちなみにこの時に受賞した年代別の受賞者ですが、10代部門は川島海荷さん、20代部門は剛力彩芽さん、40代部門は永作博美さん、50代部門は高橋恵子さん、60代部門は由紀さおりさん、そして男性部門は東山紀之さんとなっています。

さらにこの年には特別賞受賞者として韓国のアイドルグループKARAと体操選手の内村航平さんが受賞しています。

まさに話題の人に贈られる賞というわけですね。





最後はこちら。こちらもショートヘアーの松嶋菜々子さんのメイク画像です。

松嶋菜々子のショートヘアのメイク画像.png

なんだかヘアスタイルが似合っていないというか、松嶋菜々子さんがカツラをかぶっているようにも見えてしまうのですが、前髪が短いからなのかもしれません。

肝心の松嶋菜々子さんのメイクですが、眉はヘアカラーに合わせたダークブラウンのカラーで描きこんでいます。

アイメイクはパールブラウン系のカラーでしょうか。

アイホールと目の下にカラーをのせ、上品で大人っぽいメイクになっています。

アイラインはほかのメイクと同様、目元上下にラインを入れ、マスカラは自然な感じでカールアップさせています。

口元とチークはピンク系のカラーを使い、主張しすぎないメイクになっています。

ヘアスタイルや身に着けているアクセサリーと服装のせいか、なんとなくマダムっぽい雰囲気に見えます。

松嶋菜々子さんは前髪はもっと長いほうが似合うと思うのですが、どうでしょうか?





松嶋菜々子さんのメイク方法まとめ

ここまで松嶋菜々子さんの様々なメイク画像を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

松嶋菜々子さんのメイクは目元や口元どちらかを引き立てるメイクと言うよりかは全体で見たときにバランスが取れているメイクのように感じました。

目元はカラーが少なく、アイラインとマスカラで目元をはっきり見せている感じです。

また口元はピンク系のカラーが多く、アイメイクと口元のカラーを足して、ようやく「メイクしてます」な顔になっているように見えました。

松嶋菜々子さんと同じくアラフォー女性がお手本にしやすいメイクですが、派手に主張するメイクではないので、仕事メイクとしても参考にしやすいのではないでしょうか?

いつの間にかすっかり「一流女優さん」になってしまった松嶋菜々子さんですが、キャリアの積み方が上手だったようですね。

松嶋菜々子さんの今後ますますの活躍を期待しています♪


スポンサーリンク




共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。