So-net無料ブログ作成

芸能人の整形画像とメイク方法2017

栗山千明や中谷美紀、堀北真希をはじめとした芸能人や海外セレブの整形前、整形後の画像情報などをお届けします。安室奈美恵や石原さとみ、少女時代などマネしたい芸能人のメイク方法も紹介!

武井咲のメイク方法とは [芸能人のメイク方法]

人気女優、武井咲さんのメイク方法をご紹介します♪

スポンサーリンク






武井咲のキレイナ画像.png

武井咲さんは1993年12月25日生まれの今年21歳。

大人っぽい雰囲気からもっと年齢が上なのかと思っていましたが、まだ20歳だと知って驚きました。

武井咲さんは元々モデル志望で、中学入学時に両親に「中学3年の間にモデルになる」と宣言したとテレビ番組出演時に告白しています。

その宣言通り、2006年、武井咲さんが13歳の時に「第11回全日本国民的美少女コンテスト」に応募し、モデル部門賞とマルチメディア賞をダブル受賞します。

当時13歳の武井咲さんのオーディション画像がこちら。

武井咲のオーディション画像.png

ヘアスタイルは今と全く違いますが、この当時からとってもカワイイですね♪

今のヘアスタイルよりもこの当時のほうが似合っているように見えるんですが(笑)


これがきっかけで武井咲さんは芸能界入りし、2006年11月号のティーン向けファッション雑誌『セブンティーン』で「美人まゆのつくりかた」のページでモデルデビュー。

これが芸能活動初仕事となりました。

ちなみに武井咲さんは身長163㎝で、モデルとしては決して高いほうではありませんが、翌年2007年2月号で『セブンティーン』の専属モデルとしてデビューしています。

2008年には佐藤ありささん、桐谷美玲さんと共に「猫目三姉妹」として表紙や紙面を飾り、同年2/15号では単独で表紙モデルもつとめています。

その当時の表紙がこちら。左側に写っているのが武井咲さんです。(右下は桐谷美玲さん)

武井咲さんの猫目画像.png

この当時、武井咲さんは15歳。

雑誌の表紙は修正してしまうこともあり今の武井咲さんと比べると多少顔の雰囲気が違いますが、当時からやはり大人っぽいですね。

武井咲さんの映画初出演は2008年11月公開『櫻の園』で、さらに翌年の2009年8月から放送の『オトメン(乙男)〜夏〜』でテレビドラマ初出演を果たしています。

さらに2010年9月より、5500名の芸能人SNSサイト「beamie」のイメージキャラクターに就任。

同年11月には第39回ベストドレッサー賞を史上最年少で受賞しました。

2011年1月からの連続ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』では800人のオーディションを勝ち抜き、準主演の佐伯ひかり役で注目を浴び、さらに4月からの連続ドラマ『アスコーマーチ!』で、主人公の吉野直役でドラマ初主演を果たします。

2011年には12月14日発売「恋スルキモチ」で歌手デビュー(最高6位)をし、武井咲さんが大ファンであると公言するGLAYのTAKUROが楽曲を制作しました。

同年11月8日には第18回ベストスマイル・オブ・ザ・イヤーを受賞し、12月には高級ブランド「グッチ」と日本人として初めてパトロネージ契約を果たします 。

パトロネージ契約とは、芸術・文化で活躍する人をサポートするもので、「18歳ながら凛としてフレッシュ、魅力的でどの年代からも愛される女性である」という理由から武井咲さんが選出されました。

その時の武井咲さんの画像がこちら。上から下まですべてGUCCIです。

武井咲とグッチ.png

今後は「GUCCI」のウェアコレションやバックを身に纏う他、ミラノで行われるランウェイショーや、「GUCCI」がパートナーシップを結んでいるヴェネチア映画祭などインターナショナルな場へと招待されるそうで、武井咲さんの見聞を広める機会を提供していくとのことでした。

う~ん、うらやましい…。

2012年8月24日の「Seventeen夏の学園祭2012」をもって、専属モデルを5年9か月務めた『Seventeen』のモデルを卒業した武井咲さん。

その後もドラマや映画、CMにと大活躍をし、その露出ぶりから○リ押し女優とまで言われるようになりました。

実際そんなことが可能かどうかはわかりませんが、武井咲さん本人は画面からも一生懸命さが伝わってきて可愛いですよね。

大人っぽく見られがちですがまだ20代になったばかりの武井咲さん。

そんな武井咲さんはどんなメイクをしているのか?

様々な画像から武井咲さんのメイク方法をチェックしていきたいと思います♪





武井咲さんのメイク方法をチェック!

武井咲さんは資生堂マキアージュのイメージモデルを2011年から2013年までつとめていました。

その時のメイク画像がこちら。

武井咲メイク画像.png

ベージュゴールド系のアイカラーを使い、さらにピンクベージュのリップで全体的に統一感のあるメイクになっています。

特に目立つカラーは使っていませんが、上品でふんわりとやさしい印象に見えます。


こちらのメイク画像で武井咲さんが使用しているマキアージュ商品一覧はこちら。

◆トゥルーアイシャドー BR264
アイシャドー.png

アイシャドーの画像.png

A. 目もとファンデ:光ハイライトベース
B. 彩りを与える:メインカラー
C. なじませブラウン:ハーモナイズシャドー
D. キワ埋めライン:ラインカラー
E. 目もとファンデ:目の下用ハイライト


<メイク方法>
アイメイクの画像.png

①Aのパールベージュのカラーを上まぶた全体に目尻側を長めに広げ、下まぶたの目頭から2/3にも色をのせます。

②Bのゴールドカラーを目尻側を長めにアイホールに重ねます。

③Cのパールブラウンを二重のラインにのせ、目尻側を長めにします。
アイメイク方法.png


④Dのダークカラーをチップにつけたらチップ先端をやや斜めに肌にあてながら目の際にそってラインを描きます。
⑤⑥の画像.png


さらに目尻側をやや長めに入れ、下まぶたの目尻側1/3にも入れます。
※チップを立てるようにしてつけると細く描けます
⑦アイめく.png


⑤Eのベージュカラーをくすみやくまが気になる目の下を中心にぼかします。
アイメイクの方法画像.png


完成がこちら。グラデーションのカラーが自然で、ゴールドパール系のカラーを使っていても派手すぎず、目元を明るく見せています。
武井咲のアイシャドー.png



◆トゥルーチーク RD321(レッドコーラル)
武井咲のチーク画像.png

武井咲のチーク.png

自然な血色感で、だれでも肌がきれいに見える「スキンビューティーカラー」です。

微笑んだときに頬の最も高くなる部分を中心に円を描くようにぼかします。

最後に周辺をぼかし込むように大きく円を描きます



◆エッセンスグラマラスルージュ PK397

リップ.png


リップ画像.png

明るくヘルシーな印象のピンク系のカラーです。

塗布後、上下の唇をこすり合わせてしばらく時間を置くと落ちにくくなります。





次にこちらも同じくマキアージュの商品を使用した武井咲さんのメイク画像です。

武井咲のメイク画像.png

先ほどのメイクとは違い、落ち着いたブラウン系のカラーをメインに使っていて、秋冬にオススメのメイクですね。

特にアイメイクは目元上下を縁どるアイラインとまぶたのグラデーションが大人っぽく女性らしい雰囲気に見せています。

眉は眉頭をぼがしながら色をのせ直線的なラインにし、口角から目じりのラインの延長線上に眉尻がきています。

口元はローズ系のくっきり鮮やかなカラーのリップを使い、全体で見たときに上品なメイクに仕上がっています。


このメイク画像のマキアージュ使用商品がこちら。

◆トゥルーアイシャドー BR722
武井咲のブラックドレスのアイメイク.png

ブラウン系カラーのグラデーションが映えて、とてもキレイな目元になります。



◆トゥルールージュ RS583
武井咲のリップ.png

直接塗っても艶やかに仕上がりますが、リップブラシを使うとさらに艶やかでグロッシーな仕上がりになります。





次にこちらはピンク系のカラーをメインに使った武井咲さんのメイク画像です。

武井咲のメイク方法画像.png

眉は自眉毛を生かしながらぼかしつつ色をのせています。

アイラインは目元上下に入れ、とくに目の下、目じり寄りは少し濃いめにラインをいれ、上下のアイラインをつなげて目じりを長めに描いています。

アイシャドーはホワイトをまぶた全体にいれ、二重のラインにピンク系のカラーをのせています。

まつ毛は根元からカールアップさせ、特に上まつ毛にマスカラをしっかり塗ります。

チークとリップは同じくピンク系のカラーを使い、ふんわりとしたやさしい印象のメイクに仕上げています。

春先にオススメのメイクですね。





次にこちらは、いつもの雰囲気とは違う武井咲さんのメイク画像です。

武井咲のパーマ画像.png

武井咲さんは普段ロングのストレートヘアーの時が多いと思いますが、この画像のようにヘアカラーを少し明るめにしてパーマをかけていると雰囲気もガラッと変わりとても新鮮です。

眉はヘアカラーに合わせてライトブラウンのカラーを使い、眉頭はぼかしながら色をのせています。

眉は直線的で力強く、だいぶ長めに描いていますね。

アイカラーはこの画像からではよくわかりませんが、パール系のカラーを使い色味自体は少ないメイクになっています。

口元はベージュピンクのカラーで艶やかに仕上げ、ヘアスタイルと全体のメイクの調和がとれて可愛らしい雰囲気です。

ただ、眉の形に関しては直線的過ぎるような気がしなくもないですが…。





次にこちらは着物を着ている武井咲さんのメイク画像です。

武井咲の着物画像.png

眉を見ると自眉毛のままのような、メイクをしているようには見えない眉です。

目元はマスカラとアイラインは薄ら見えますが、こちらもアイカラーはほとんど見えません。

唯一、口元の赤いカラーが際立って見えますが、着ている着物の色と合わせているのがわかります。

全体で見るとメイクで使っている色味は少なく地味になってしまいそうですが、赤いリップが着物との統一感を出していて、バランスよく見えます。

こちらの武井咲さんの着物画像は今年2014年1月のもので、振り袖専門店「ジョイフル恵利」の新成人ファッションショーに登場したときの画像です。

昨年12月に20歳の誕生日を迎えたばかりの武井咲さんですが、恋愛については「優しく、紳士的な人がいいです。出会いのタイミングを待ちます」と語っていました。

さらに恋愛映画に出演した経験を踏まえ、「同じ景色が違って見えるという感覚を体験してみたい」との願望を告白した武井咲さん。

ただし「『今年は(恋愛する)』という目標はつくらない。縁や出会いはタイミングで来るものだと思うから」とも言い、「(男性に)グイグイ来られたら困る…」と控えめな一面ものぞかせていました。

まだ二十歳の武井咲さん。

これからどんな恋愛をしていくのか楽しみですね。





おまけ

こちらは珍しくショートヘアの武井咲さんの画像です。

武井咲のショートカット画像.png

こちらは実際には髪を切らずにウイッグを付けていますが、いつものロングヘアーの武井咲さんとはまた雰囲気が変わりカワイイですね。

武井咲さん本人もショートヘアを披露するのは小学生以来だそうで、小学校6年生からずっとロングヘアーをキープしているそうです。

武井咲さんは「ショートカットというと活発で明るい女の子という印象がある」と話していましたが、 会場で大人っぽい印象という感想が出ると、
「大人っぽく変化したいと言うことでとってもうれしいです」と応え、「『いつもと違う自分』にチャレンジしました。 見たことのない自分が鏡に映っていてワクワクしますね。似合ってますか?」と取材に来た報道陣に逆に質問する場面もみられました。

普段の武井咲さんのヘアスタイルは黒髪ストレートの時が多いですが、いつも前髪の分け方が微妙に見えるのは私だけでしょうか?

武井咲さんの生え際は後れ毛が結構目立つので、額を全部見せるヘアスタイルよりは前髪を下すかした方がキレイに見えると思うのですが…。

ワンレングスのヘアスタイルは大人っぽく見えがちですが、武井咲さんが実際の年齢以上に上に見えるのも、このヘアスタイルのせいかもしれませんね。





武井咲さんのメイク方法とは?まとめ

武井咲さんのメイク方法をいくつか見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

アイメイクはまつ毛をカールアップさせてマスカラで思いっきり目を大きく見せるということはせず、アイシャドーメインのメイクで品良く仕上げているように感じました。

そのため、目元か口元どちらかを引き立てるメイクというよりも全体で見たときに統一感のある落ち着いた印象のメイクに見えます。

武井咲さんの様々な画像を見ると、眉やアイメイクをしているのかいないのかわからないくらい薄めのメイクをしている時もあり、若干地味な印象を受ける時もありますが、逆にメイクで顔を作りすぎていないので、マネのしやすいメイクかなと思います。

一時よりも露出が減り落ち着いた感じのする武井咲さんですが、ドラマや映画の主演作も引き続き決まっており、まだまだ活躍は続きそうです。

武井咲さんの今後ますますの活躍を期待しています♪


スポンサーリンク





共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。