So-net無料ブログ作成

芸能人の整形画像とメイク方法2017

栗山千明や中谷美紀、堀北真希をはじめとした芸能人や海外セレブの整形前、整形後の画像情報などをお届けします。安室奈美恵や石原さとみ、少女時代などマネしたい芸能人のメイク方法も紹介!

激やせ!?川島なお美は整形している? [女性芸能人の整形画像]

激やせ!?川島なお美さんは整形している?

前回の記事からなんと一年以上もご無沙汰になってしまいました~(汗)

その間、国内外問わず芸能人やセレブの方々の整形疑惑がたびたび持ち上がっていましたが、噂の域を出ないもの、明らかに別人のように変身した方など様々。

ここ1、2年で並行二重がほぼ定番になってしまった感のある美容整形ですが、メイクやファッション同様、整形の流行りを作るのもやはり芸能人やセレブ達。

やっぱり「美は力(パワー)」です(笑)!





激やせ!川島なお美さんは整形している?

川島なお美整形疑惑画像.png



さて、2015年の整形ブログ復帰第一弾は、最近話題の川島なお美さんです。

川島なお美さんと言えば「私の体はワインでできているの」発言でお馴染み、芸能界屈指のワイン通でも知られる女優さんです。

しかも単なるワイン好きに留まらず、フランスの四大ワイン産地から騎士号を授与されているほか、1998年には主演ドラマの撮影中にエスカレーターで転倒。

その際、「手に持っていたワインをかばったことで」足を縫う大怪我を負うなど、ワイン好き芸能人の域を超えています。

そんな川島なお美さんにも数年前から整形疑惑がたびたび取りざたされるようになりましたが、本当に整形しているのか否か?

昔の画像からつい最近の画像を比較しながら、川島なお美さんの整形疑惑を検証していきたいと思います。


スポンサーリンク





川島なお美さんは1960年11月10日生まれの今年54歳。

声や見た目が若々しいので40代のイメージでしたが、既に50代だったことに驚きです。

川島なお美さんは青山学院大学第二部文学部英米文学科在学中に芸能界デビュー。

1979年4月にはポニーキャニオンからシングルデビューし、アルバムも数枚出しています。

川島なお美さんは文化放送が「セイ!ヤング」の後番組として1981年10月からスタートさせた「ミスDJリクエストパレード」の初代DJに抜擢されたことで注目され、大学在学中から深夜の顔となりました。

翌1982年、中京テレビ『お笑いマンガ道場』の三代目女性レギュラーとなり、プロ顔負けの漫画のうまさと芸人顔負けのネタの巧みさを披露しました。

今でもその当時の川島なお美さんを覚えている方達からするとワイン通タレントとして騒がれた当時、違和感を持つ方も多かったようです。

漫画とワインではイメージがまるっきり違いますからね。



その頃の20代の川島なお美さんがこちら。

1982年川島なお美の整形写真集画像.png

八重歯がチャームポイトになっていて、普通にアイドルに見えます。

今のゴージャスでキレイなお姉さんの雰囲気の川島なお美さんとは全く路線が違いますね。



1983年川島なお美の整形画像.png

さらにこちらも同じ頃の川島なお美さんですが、こうして昔の画像を見ると目も鼻も口元も全体的に小作りでカワイらしい印象です。

現在のよく知る川島なお美さんに面影があるかと聞かれると微妙ではありますが、ヘアスタイルもメイクも何もかもがあまりにも違うので、比較するのも難しいです。



川島なお美さんは1980年には女優デビューも果たしていますが、キャンパス・クィーンのイメージがいつまでも抜けず出演番組が限られたほか、1989年8月には『水戸黄門』の京都での撮影中、ロケバスが崖から転落する事故で第七頸椎を骨折する大怪我を負い、そのまま復帰することはなく降板に至るなど、不遇な時代が長く続きました。

そんな川島なお美さんが復活するきっかけとなったのが、1993年に発売されたヘアヌード写真集『WOMAN』。

当時30代でヘアヌード黎明期に出版された同作品は大ヒットを記録しました。

さらに川島なお美さんの名を世間一般に知らしめるきっかけとなったのが、1996年放送のテレビドラマ『イグアナの娘』への出演、さらに1997年『失楽園』(TV版)の主演でした。

この「失楽園」への出演は大変な話題となり、映画版「失楽園」主演の女優の黒木瞳さんとの比較などでも世間を大いに賑わせました。


この当時の川島なお美さんの画像がこちら。

1997年川島なお美の整形画像.png

20代の頃のカワイらしいアイドルの雰囲気から、30代のしっとりとした大人の女性に大変身。

う~ん、色っぽいですね。

アイドル時代と比べて顔の印象もシャープになり、大人の女性としても洗練されたように見えます。



川島なお美昔の整形画像.png

こちらもドラマ出演している時の以前の川島なお美さんの画像です。

こうして見ると、眉間の間、鼻の付け根から鼻筋がまっすぐ細めなのがわかります。

また表情のせいもありますが、あご先が細くて華奢な印象です。

さらに20代の頃に比べて、年齢的なものからか目の上の眼窩がくぼんで二重の幅が広くなったように見えますね。





2007年10月には恵比寿などに2店舗を構えるパティシエの鎧塚俊彦氏と婚約し、2009年2月1日に入籍した川島なお美さん。

婚約期間が長かったためマスコミにいろいろと騒がれましたが、こちらは2006年の披露宴での川島なお美さんのドレス姿です。

2009年川島なお美の披露宴画像.png

身につけているジュエリーよりも川島なお美さんの幸せいっぱいな笑顔の方がキラキラして見えます。

20代の頃の八重歯もなくなって、歯並びがキレイになっているのがわかります。

ただ、この時の画像を見ると、以前はまっすぐ細かった鼻筋が若干太くなっているように感じます。




こちらは旦那様の鎧塚氏と一緒の川島なお美さん。

川島なお美の整形披露宴の画像.png

画像からもお互いラブラブなのが伝わってきます♪

川島なお美さんは料理上手としても有名で、交際開始時よりも12キロ痩せたという鎧塚氏との今後について「職人の妻としてほっこりする家庭を築きたい」と当時コメントしていました。




こんな幸せそうな二人でしたが、2012年2月、鎧塚氏が網膜中心静脈閉塞症で左目の視力がほぼ失われていることが明らかになり、その彼を献身的に支えている姿が印象的だった川島なお美さん。

ところが2014年1月には川島なお美さん自身が肝内胆管がんを患い、手術をしていたことが発覚しました。

肝内胆管がん(胆管細胞がん)は、肝臓で作られた胆汁を十二指腸まで送る胆管の肝臓内にできる腫瘍で、早期発見すれば助かる可能性が高いと言われる病気です。

ただし、術後の5年生存率は40〜50%と決して高くはありません。

川島なお美さんが2013年に人間ドックを受診した際に小さな腫瘍があることが判明したそうですが、当初は仕事のスケジュールを考慮しすぐには手術を受けず、ミュージカルや芸能イベントへの出演など仕事を優先したというから驚きです。

2014年1月に手術は無事成功しましたが、その後も経過確認のため通院が必要とされていました。




こちらは術後、4月に姿を見せた川島なお美さんの画像です。

2014年4月の川島なお美の整形画像.png

こうして見ると、術後ということもありだいぶ痩せているように見えます。




この時のアップ画像がこちら。

2014年4月川島なお美の整形の画像.png

以前はまっすぐ細めだった鼻筋が太くなっているように見えます。

顔自体が痩せているために、余計に鼻筋の太さが目立っているのかもしれません。






さらにこちらは術後一年。2015年4月の川島なお美さんの画像です。

2015年4月川島なお美の整形画像.png

術後の痩せてしまった画像と比べると少しふっくらして、変わらず元気そうな姿を見せていました。

こうしてアップで映るとさすがに目尻のシワが目立ちますが、54歳という年齢からすると本当にキレイにしているなとビックリします。

この画像からも術後の経過も順調と思いきや、その後の川島なお美さんのブログの画像などで、激やせぶりが伝えられるようになりました。




そして9月7日。

夫の鎧塚俊彦氏と共に恵比寿でシャンパーニュ「COLLET」の新商品発表会に出席した川島なお美さんがこちら。

2015年9月川島なお美の激せや画像.png

2015年9月の川島なお美激やせ整形画像.png

二の腕を見るとわかると思いますが、術後以上にガリガリにやせ細って見えます。

さらに顔の張りツヤのなさ、シワのでき方が明らかに病人のようで驚かされました。

元気そうに見えた4月からたった数ヵ月でのあまりの激やせぶりに、ファンの間からも体調を心配する声が出ていますが、川島なお美さん本人は

「普段はお酒は飲んでいませんが、お祝いや特別な時にはなめる程度にいただきます。今まで一生分飲んできたので、量は飲まなくても一口で味が広がります」とコメント。


現在は定期健診に行っている程度だそうで、

「元気ですよ。明日から(舞台の)公演も始まります。激やせとか言われてる場合じゃない」と話していました。

川島なお美さんの言葉をそのままそっくり信じるには、あまりの激やせぶりに体調を気遣う声が出るのもしょうがないかなという気がしますが・・・。

う~ん、ちょっと心配です。

 




川島なお美さんの整形疑惑とは?

ここまで、20代から現在まで川島なお美さんの画像をいろいろと見てきましたが、もともと小作りなカワイらしい顔から30代で女性らしいスッキリとした顔に変化したように見えます。



こちらは「失楽園」出演の時の30代の川島なお美さんの画像です。

1997年川島なお美の整形画像.png

着物に合わせたメイクをしているせいか、いつもの華やかな雰囲気とも違って見えますね。



そしてこちらは整形疑惑が持ち上がった時の画像です。

川島なお美の整形画像鼻.png

こうして見ると顔の角度に違いはあるものの、やはり30代の画像と比べるとどこか違和感があります。

特に鼻の付け根の不自然な凸凹が目に付きますね。

細めのすっきりとしていた鼻が年齢と共にどんどん幅広になって、ちょっとごつくなったようにも見えます。

薄めだった唇も特に下唇が厚くなり、さらに昔に比べてフェイスラインがガッチリして顔が長くなったようにも見えますね。

昔とはメイクの仕方も違うので、見た目の変化をすべて整形とするのはどうかと思いますが、鼻筋だけを見るとメイク云々は関係ないような気がします。






おまけ

「失楽園」で見せた体当たりの演技やヘアヌード写真集、さらにボディラインを強調した衣装で、細身でありながらグラマーなイメージのある川島なお美さんの昔の水着画像がこちら。

川島なお美昔の整形水着画像.png

こうして見ると、結構胸が小さくて驚きました。

胸はもともと脂肪なのでダイエットをすると胸まで小さくなったりしますが、川島なお美さんの場合はこの当時痩せているのを考慮しても、元もと胸自体が小さかったような気がします。

豊胸疑惑もあるようですが、今は極端に大きくなっているわけではないのでどうかなと思いますが・・・。






川島なお美さんは整形しているのか?まとめ

川島なお美さんのいろいろな画像を見て来ましたが、いかがでしたでしょうか?

川島なお美さんは、現在54歳。

加齢によるシワやたるみは昔の画像と比べても当然目立つようにはなっていますが、それだけが顔の変化の理由にはなっていないような気もします。

顔が長く見えるようになったのは鼻の下と唇の距離が長くなったせいだと思いますが、これは加齢によるものの可能性があります。

加齢によって肌の弾力が低下したるみが生じるので、皮膚が伸びたようになります。

さらに上唇の厚みが減少し、唇と鼻の下の肌の境目の盛り上がりが少なくなることによって、皮膚の下の骨格は変わっていなくても鼻の下が長くなったように見えるのです。

結果、顔全体も間延びしたように見えてしまうのですが、川島なお美さんの場合も同じように見えます。

ただ、鼻の付け根の凸凹はいくら年齢を重ねたからと言って普通はできない歪みなうえ、昔よりも明らかに鼻自体の形も幅広でゴツくなっているので、整形を疑われても仕方ないかもしれません。

また、下唇の厚みも以前と比べると厚くなっているように見えます。

前にも書きましたが、海外の女性はセクシーに見せるためにヒアルロン酸などを入れて唇を上下厚くする整形をする方がけっこういます。

例えばこちら。

唇の整形画像.png

ここまで唇を厚くするとセクシーとかを通り越してやりすぎ感満載です。

日本人でここまで唇を厚くしている方を見たことはありませんが(叶恭子さんもここまでではないけどやや厚めの唇ですね)、顔の凹凸の少ない日本人に厚い唇というのは不自然な感じがします。

この画像の女性も、唇をいじる前の方が絶対に綺麗だったと思うですが・・・。




とにかく、最近の川島なお美さんの画像を見ると、整形疑惑なんてどうでもいいと思えるくらいの激やせぶりが気になります。

つい最近のニュースでは、自身が出演している舞台を降板して治療に専念するとか。


今年一月には愛犬のシナモンちゃんも亡くなって、心底悲しんでいた川島なお美さん。

シナモンちゃんの分も旦那さんと二人、長生きして欲しいです。

川島なお美さんの健康とますますの活躍を期待しています!





追記

9月25日、川島なお美さんが胆管がんのため、都内の病院でお亡くなりになりました。

享年54歳。

激やせした姿を公に見せてからミュージカルの降板、治療に専念と、9月になってからあっと言う間だったように思います。

夫の鎧塚氏が川島直美さんの死に関してコメントしています。

「本日19時55分妻なお美が他界致しました。

一週間前まで舞台を勤め、そして最後の最期まで女優として、女房として、人として全力で生を全う致しました。

なお美を支え応援して下さった皆様方には心より御礼申し上げます。

息を引き取るまで川島なお美はやっぱり川島なお美のままでした。本当に立派でした。」

謹んでご冥福をお祈り致します・・・。



スポンサーリンク





共通テーマ:芸能

海外セレブの整形ビフォーアフター [海外有名人の整形画像]

様々な画像から海外セレブの整形ビフォーアフターを紹介!

海外の芸能人やセレブの間でも整形は普通に行われていますが、中にはあからさまに顔が激変した方々も多数存在します。

その中でも代表的な有名人の整形ビフォーアフター画像を取り上げてみました。

今回は整形しているかいないのかを検証するのではなく、「整形している」が前提になった内容です。


スポンサーリンク






まずはこの方。

海外の整形セレブと言えば、ソーシャライト(社交界の名士)のジョセリン・ウィルデンシュタインさん(74歳)が有名です。

ジョセリンさんの若い頃の画像がこちら。

海外セレブの整形画像.png

普通にキレイな方ですよね。




それが整形してこの通り。

海外のセレブ整形画像.png

海外セレブ整形画像.png

もう皮膚の感じが人工的と言うか違和感ありまくりで、脱人間になってます。

ちょっとライオンとかの動物にも似ていますね。

大多数の方はキレイになるために整形するはずが、彼女の場合は真逆の方向に…。


ジョセリン・ウィルデンシュタインさんはスイス・ローザンヌ出身の大富豪ですが、元々は普通の一般家庭の出身で、億万長者のダニエル・ウィルデンシュタイン氏の息子、アレク・ネイサン・ウィルデンシュタイン氏と結婚し、セレブの仲間入りを果たしました。

幸せな結婚生活と思いきや、自身の老化への恐怖や夫の浮気などが原因で整形を繰り返し、現在までに整形手術に約4億円を使ったと言われています。


「夫は猫が好きなの。だから、猫みたいな顔に……」

整形をする際にジョセリンさんが医師に伝えた言葉だと言われていますが、この言葉が本当なら猫のように吊り上がった目元や裂けたように見える口元も説明がつきます。

普通ではない内容の整形依頼も、それが夫のためというとちょっと切ないですね。

その後ももちろん本人の希望で整形を繰り返したのだと思いますが、途中で精神科のカウンセリングを受けるべきだったのではないかと思ってしまいました。


ちなみに、猫に似せてまで整形するほど愛していたご主人とは結局離婚しているのですが、離婚の調停金はなんと25億ドル(2,500億円)!

さらに、彼女は13年間にわたって毎年1億ドル(100億円)の慰謝料を貰うこととなったそうで、まさに桁違いの金額でした。

一年100億って一体何に使うんでしょうか?

しかもそれを払える元旦那さんも凄すぎです。

それだけお金があれば整形に使った4億円がとっても安く思えてしまいますね(笑)






次はこの方。

2009年に急死した世界的な大スターの故マイケル・ジャクソンさんです。

「人類史上最も成功したエンターテイナー」他、多数のギネス世界記録を保持。

これまでのCD・レコード総売上枚数は10億枚以上と言われ、1970年代から2010年代まで「5つの世代で全米トップ10シングルを持つ唯一のアーティストです。

そんな「キング・オブ・ポップ」のマイケル・ジャクソンさんも、整形で有名でした。


こちらはマイケル・ジャクソンさんの子供時代の画像です。

マイケルジャクソン子供時代の整形画像.png

こちらは「ジャクソン5」のメンバーだった頃の画像でしょうか。




次にこちらは若い頃のマイケル・ジャクソンさんの画像です。

マイケルジャクソンの整形の画像.png

子供時代は低めだった鼻がすっと通っています。

このあたりでやめておくのがベストだったと思うのですが…。




さらにこちらは肌が真っ白になってしまったマイケル・ジャクソンさんの画像です。

マイケルジャクソン整形画像.png

この肌の異常なまでの白さはメイクなどではなく、尋常性白斑という皮膚の色素の一部分が抜けてそれが徐々に広がっていく、自己免疫疾患の病気でした。

白くなり始めた当初は白人の肌の白さに憧れたマイケルさんが肌を漂白したなどの噂がささやかれましたが、後にインタビューで病気が原因だと自ら告白しています。

また整形に関しては1979年、ステージに鼻をぶつけて大怪我を負ったことが整形を始めるきっかけになったと言われ、1984年にはペプシコーラのCM撮影中に頭部に大火傷を負ってしまい、その時の火傷の治療が整形に拍車をかけたようです。

マイケル・ジャクソンさんが行ったとされる整形の殆どが火傷を負った後である事は、父親であるジョセフ・ジャクソン氏が出演したテレビ番組で認めています。

また醜形恐怖症にも苦しんでいたようで、子供の頃に父親から言われた顔の造作に関する言葉の暴力も影響したと言われています。

鼻や顎など子供の頃と比べて明らかに顔が違ってしまったマイケル・ジャクソンさん。

「スリラー」の頃には鼻が細くなり、「バッド」の頃には顎に中裂が入り、鼻先が上を向くようになりました。

さらに鼻筋がどんどん細く不自然に見える形となっていき、最終的には鼻の軟骨がほとんどなくなっていたと言われています。

これらの整形について、マイケル・ジャクソンさんは2003年のインタビューで「覚えているだけで(整形は)2回」「顔の変形は成長したんだ」「言われている程整形はしていない」とコメント。

「整形に関して特に意見はないよ。本人が幸せであれば問題ないことだよ。ハリウッドでは皆がしている事なのに、僕だけが整形していると言われるのはフェアじゃない」と語っていました。

あれだけの顔の変化を「成長」と言ってしまうのはちょっと無理がありますが、マイケルさんと親しくしていた人々は、彼は少なくとも10回の手術を重ねていると語っています。

完璧主義だったと言われるマイケル・ジャクソンさんの性格も、整形を繰り返した原因の一つだったかもしれませんね。






次はこの方。

サッカーの元イングランド代表デビッド・ベッカム選手の奥さんで、元スパイスガールズのメンバーでもあったヴィクトリア・ベッカムさんです。

こちらは結婚前の画像と思われる画像です。

昔のヴィクトリアベッカムの胸画像.png



そしてこちらは激変後のヴィクトリア・ベッカムさんの画像です。

ヴィクトリアベッカムの豊胸画像.png

ヴィクトリアベッカムの胸整形画像.png

ヴィクトリア・ベッカムさんの場合、激変したのは顔でなくて胸です。

丸いボールというかお椀でも入っているのかと思うくらい不自然に丸い胸になっています。

もともとそれほど胸が大きくなかったヴィクトリアさんですが、一時期不自然に胸が大きくなり「豊胸した」と世間でも騒がれました。

2013年にインタビューを受けた際、自身の胸が大きい画像を見ながら、「もう、この胸はないわ。あれは購入したものだった」と語り、豊胸手術を行っていたことを自ら認めています。

「購入した胸」という表現もなんだかスゴイですね。

それにしてもこのまん丸の胸!

整形した医師も本人も当時はおかしいと思わなかったんでしょうか?

ヴィクトリア・ベッカムさんと言えばスパイスガールズ時代から個性的な顔立ちでも知られていましたが、顔に関してはとくにいじっているようには見えません。

顔の造作は気にならないけれど、胸は大きくしたかったようですね。


2011年8月の経済誌フォーブス誌が「世界で最もリッチなセレブのカップル」のランキングを発表した際には、2010年のベッカム夫妻の世帯年収が4,400万ドル(日本円で約33億4,400万円)で4位にランクイン。

ベッカム選手の妻で4人の子供の母親というだけでなく、自身もファッションアイコンとして、さらにデザイナーとしても活躍しているヴィクトリアさん。

愛想のない表情や態度、子育て中のファッションなどでいろいろと書かれることもありますが、これからも我が道を行くで突き進んで行って欲しいです。






次はこの方。

映画「ロッキー」でお馴染み、俳優のシルヴェスター・スタローンさんの母親、ジャッキー・スタローンさんです。

ロシア系ユダヤ人およびフランス系アメリカ人で(結局何人?)、元ダンサーであり、占星術師としても著名な方のようです。

こちらは若い頃のジャッキー・スタローンさんの画像です。

シルヴェスタースタローン母の整形画像.png

どことなくスタローンさんに似ていますが、ダンサーをしていたというだけあってとても華やかですね。



こちらは60歳のジャッキーさんの画像です。

60歳シルヴェスタースタローン母の整形画像.png

この頃にはスタローンさんも俳優として成功している頃ですが、衣装のせいもありセレブっぽい雰囲気でキレイです。

昔の画像と比べて鼻の形が若干細くなったようには見えますが、60代とは思えない美しさです。




そしてこちらが90歳になったジャッキーさんの画像です。

シルヴェスタースタローン母親の整形画像.png

何だか強烈な顔になってしまいました(笑)

まず目につくのが口元です。

唇の厚さが尋常ではなくなり、それに伴い口全体が巨大化しています。

90歳とは思えないくらいメイクやヘアスタイルもキレイにしていますが、顔もシワが少なくパンパンで、いかにも整形してますな顔になってしまいました。


海外の整形した方を見ると唇をやたらと厚くしている画像をよく見ますが、厚い唇=セクシーと見られるためのようです。

ですが、これだけタラコ唇になってしまうとセクシーを通りこしていっそ不気味です。

いくつになっても女性らしさを失わない姿勢は素晴らしいですが、やりすぎはNGですね。

整形で顔がおかしなことになっていても、スタローンさんにとってはいくつになっても愛すべき母親なのかもしれません。

シルヴェスタースタローンと母親の画像.png

それにしてもすごい指輪してますね(笑)






海外セレブの整形事情ビフォーアフターまとめ

ここまで日本と飛び出して、海外の有名なセレブの整形画像を見てきましたがいかがでしたでしょうか?

日本の芸能人の整形の場合、今の顔からさらに可愛く、キレイになりたい!というのが目的で整形していることが多いと思います。

それに対して、海外のセレブや芸能人の整形を見ると、キレイになりたいという願望はもちろんですが、もっとセクシーになりたい、いつまでも女性らしく若々しくいたいという願望が強いような気がします。

セクシーに見せるために唇を厚くしたり、グラビアアイドルでもないのに豊胸手術をするなど、日本の芸能界ではあまり見られない傾向です。

お金がある分、自分に投資する金額も凄そうですが、変な方向に行ってしまうと取り返しのつかない顔になっている方も多いような気が・・・。

しかも整形する前の画像の方がキレイだった方が多いように感じるのですが、一度整形してしまうとここもあそこもと止まらなくなるのかもしれません。

美しさに執着するのもイイですが、何事もほどほどにが大切ですね。


スポンサーリンク







共通テーマ:芸能

ブリジット・ジョーンズのレネー・ゼルウィガーは整形している? [海外有名人の整形画像]

『ブリジットジョーンズの日記』でおなじみ、米国女優レネー・ゼルウィガーさんは整形している?

レネーゼルウィガーのブリジットジョーンズの日記画像.png

日本でも大ヒットした2001年の映画「ブリジットジョーンズの日記」でおなじみ、米国の女優レネー・ゼルウィガーさん。

アカデミー賞助演女優賞やゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞するなど、演技派女優としても名を知られていますが、2014年10月20日ハリウッドで行われたイベントに出席した際の激変ぶりに、「本当にレネー・ゼルウィガーさん本人?」と整形疑惑が浮上しました。

レネー・ゼルウィガーさんは本当に整形しているのか否か?

さまざまな画像からレネー・ゼルウィガーさんの整形疑惑を検証していきたいと思います。


スポンサーリンク





レネー・ゼルウィガーさんの顔が激変!?整形疑惑を検証!

まずはこちら。2001年公開の映画「ブリジットジョーンズの日記」に出演した時のレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

2001年レネーゼルウィガーの映画画像.png

原作がイギリス人の女流作家ヘレン・フィールディングさんの同名小説だったため、当初アメリカ人のレネー・ゼルウィガーさんがブリジット役を演じることに批判もあったようですが、役柄に合わせて体重を13kg増やし、さらにイギリス英語をマスターして、アメリカ人ながらブリジット・ジョーンズ役を演じ切りました。

また興行収入も成功を収め、さらにアカデミー主演女優賞にもノミネートされるなど高い評価を得ています。

ちなみにこの映画ですが、喫煙、飲酒シーンが多いため日本公開時には中学生以下は鑑賞できないR-15指定で公開され、宣伝ポスターや映画チラシでも「ブリジットのライフスタイルを真似ると、貴女の健康を損なう恐れがあります。」と観客への注意喚起がなされました(笑)



こちらは同じく2001年、来日した際のレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

2001年来日のレネーゼルウィガーの画像.png

この当時の画像を観てもわかりますが、女優さんとはいっても目鼻立ちがはっきりした美人女優という感じではなく、愛嬌があるというか普通っぽい雰囲気で、ブリジット役が適役だったように見えます。

来日した際のネームプレートには「レニー・ゼルウィガー」と書いてありますが、テレビのインタビューにおいて本人が「多くの人が私を『レニー、レニー』と呼ぶけど、私は”レニー”じゃなくて”レネィ”だから」と発言し、訂正しています。

より正確には「レネイ」または「レネーイ」らしいのですが、日本人には海外の方の名前の発音は難しいですね(汗)




レネー・ゼルウィガーさんは1969年4月25日生まれの45歳。

テキサス州ベイトンで生まれ、父親はドイツ系スイス人のエンジニア、母親はサーミ人の血を引くノルウェー人の看護師でした。

地元のテキサス大学オースティン校で英文学を学んでいましたが演劇に興味を持つようになり、大学卒業後はヒューストンでオーディションを受け、舞台やコマーシャルに出演するようになります。

こちらは昔のレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

昔の.png

前髪などのヘアスタイルが時代を感じさせますが、この頃の画像を見るとやはり北欧系の顔に見えますね。



さらにこちらも若い頃のレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

レネーゼルウィガーの昔の画像.png

レネー・ゼルウィガーさんと言えば奥二重の目元が特徴的ですが、この当時の画像を見ると普通の二重の目元です。

昔の画像を見るまでは目元の彫りが深いために眼窩がくぼみ、そのせいで奥二重に見えているのかと思っていましたがどうやら違ったようです。




レネー・ゼルウィガーさんは1993年に映画デビューを果たし、1994年公開の『レニー・ゼルウィガーの危険な天使』でインディペンデント・スピリット賞新人俳優賞にノミネート。

その後は出身地のテキサスからロサンゼルスに移り、1996年公開の『ザ・エージェント』でトム・クルーズさんの相手役を演じブレイクしました。

こちらが映画『ザ・エージェント』に出演した際のレネー・ゼルウィガーさんです。

1996年のレネーゼルウィガーの映画出演画像.png



さらにこちらは1998年、映画『母の眠り』に出演した時の当時29歳のレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

1998年レネーゼルウィガーの画像.png

若い頃とは違い目元が奥二重のような感じになっていますが、加齢とともにまぶたが下がっていった結果かもしれません。

まだ20代で加齢とかちょっと可哀想ですが…。

レネー・ゼルウィガーさんと言えばこの奥二重のような目元とぽっちゃりした厚めの唇が特徴的で、決して美人ではないけれど可愛らしい雰囲気です。

この「普通っぽさ」が、演じていてもリアリティを醸し出しているように見えます。



2000年には映画『ベティ・サイズモア』でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。

翌年2001年公開の映画『ブリジット・ジョーンズの日記』でアカデミー主演女優賞ノミネート、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート、英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネートとなりました。

こちらが13kg太ってまで頑張ったレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

2001年ブリジットジョーンズの日記画像.png

日本ではこの映画がきっかけでレネー・ゼルウィガーさんを知った方も多いかもしれませんね。

それにしてもバニーのカッコでタバコをふかしているこの姿、板についてます(笑)




2002年にはミュージカル映画『シカゴ』で再びゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞し、アカデミー主演女優賞にもノミネート。

さらに2003年公開の映画『コールド マウンテン』ではアカデミー助演女優賞やゴールデングローブ賞 助演女優賞などを受賞するなど、この頃が女優として一番輝いていた時期かもしれません。





こちらも以前のレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

以前のレネー・ゼルウィガーの画像.png

まさに女優さんといった雰囲気でとてもキレイですね♪


レネー・ゼルウィガーさんの目元と同じような形なのが、同じく女優のニコール・キッドマンさんです。

ニコールキッドマンの画像.png

以前のレネー・ゼルウィガーさんの画像を見ていると、ニコール・キッドマンさんと似てるな~と思うときが何度もありました。

ニコール・キッドマンさんの昔の画像を見ると、レネー・ゼルウィガーさんと同じく今のような奥二重のような目元ではありませんでした。

まさか歳を取るごとに彫りが深くなったいったわけではないと思うので、加齢などが原因でまぶたが落ちていき、普通の二重から奥二重のような目の形になったと思ったほうが自然かもしれません。





次にこちらは2005年のレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

2005年.png

腕を見てもわかりますが、ずいぶんと痩せている時期の画像のようで、いつもの雰囲気とは違って見えます。

この年、5月24日にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれた2,286人目のスターとなり、ハリウッド女優としての名声を確立したレネー・ゼルウィガーさん。

その時の画像がこちら。

2005年レネー・ゼルウィガーの画像.png

レネー・ゼルウィガーさんは 20年近く前に旅行者としてこの場所を訪れたことがあったそうで「とても興奮したわ。いつかここに加わることが出来るよう、強く願ったことを覚えている」とコメント。

また「正直、こんな日が訪れるなんて思ってもみなかったわ。もう、死にそうな気分ね」と自分の名前が刻まれたことに感激しきりだったとか。

ちなみにハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれている日本人は早川雪洲氏、マコ岩松氏、ゴジラの3名(2人+1匹?)です。




次にこちらは2006年のレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

2006年レネー・ゼルウィガー画像.png

痩せている画像から一転、だいぶふっくらしていますね。

この当時、レネー・ゼルウィガーさんは37歳。

目の下を見ると少しシワもできていて、多少老化が始まっているようにも見えます。

体つきを見ると元々体質的に太りやすそうに見えるんですが…。

それでも女性らしいふくよかさで、衣装のせいもあるのか色っぽく見えますね。





次にこちらは2010年、41歳のレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

2010年のレネー・ゼルウィガーの整形画像.png

2010年のレネー・ゼルウィガーの画像.png

なんか老けましたね~。

特に下の画像は表情のせいもあるのか、額や目の周り、口周りなど、いたるところにシワができています。

年齢的にも40代でしょうがないと言えばそうなのかもしれませんが、この時のメイクもヘアスタイルもレネー・ゼルウィガーさんには合っているようには見えません。

それが余計に老化した印象を与えています。

メイクにしてもちょっと眉が太すぎるような気がするんですが…。





次にこちらは2013年のレネー・ゼルウィガーの画像です。

2013年レネー.png

こちらの画像ではまたまた別の意味で顔が違っています。

顔と言うか正確には目元です。

元々奥二重のような目元だったのが、こちらの画像では若い頃のような普通の目元になり、目の下のシワも目立たなくなっています。

肌自体を見ても若返ったように見えますね。

この当時も「顔が違う!」とアメリカでは整形疑惑が持ち上がったようですが、以前の目元がレネー・ゼルウィガーさんの最大の魅力だったと思うので、それがなくなってしまって残念です。





そしてこちらが問題の、2014年10月20日のイベントに出席した際のレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

2014年レネー・ゼルウィガーの画像.png

上の画像から1年後とは思えないほど老けています。

肌のハリや色、状態を見ても、全体的に老けた印象です。

特に目元周りの老化が顕著ですね。

アメリカのマスコミも「レネーが判別不可能」「本当にレネー?」と大騒ぎとなったようですが、以前と比べると本当に別人のようになってしまいました。

これまでもたびたび整形疑惑が囁かれていたようですが、今回の顔の激変は再び整形手術の結果だと噂されています。

新聞「ミラー」紙が美容整形外科医にレネー・ゼルウィガーさんの顔写真の分析を依頼したところ、医師曰く「顔の輪郭をはっきりさせる手術をしている。法令線を消すために頬にフィラーを入れ、ボトックスでおでこのシワを消している」とコメント。

また「一番大きく変えたのは目。目を大きく見せ、表情をはっきりさせるために目の下とまぶたのたるみをとっている」という見立てでした。

(フィラーとは、ヒアルロン酸に代表されるような液体に近い充填物を注射で注入する治療で、シワの改善や鼻を高くするプチ整形などに使用されます)


この騒ぎに対してレネー・ゼルウィガーさん本人が雑誌『ピープル』誌にコメントを発表。

「私がこれまでと違って見えるとみんなが思ってくれるのは嬉しい。私は以前とは違う人生を生きている。もっと幸せで満たされているの。それが顔に現れているんだと思うと興奮するわ」と語っています。

コメントの内容がアメリカ人らしくて関心しましたが、顔だけを見た場合、以前よりもずいぶんと老けた感じは否めません。

アジア人と比べて西洋の方は老け始めるのが早いと言いますが、レネー・ゼルウィガーさんの場合も自然な老化の結果なのか、はたまた整形による変化なのか気になるところです。





おまけ

同じ画像でもさらに老けて見える画像がこちら。

2014年のレネーゼルウィガーの整形画像.png

影が顔にかかるだけで40代と言うよりも60代のお婆さんに見えます。

女優さんが下からライトを当てる意味がこれでよくわかりますね。





おまけ2

こちらは普段着姿のレネー・ゼルウィガーさんの画像です。

レネーゼルウィガーの普段着画像.png

たぶんすっぴんだと思いますが、ヘアスタイルや服装などあまりにも気を抜きすぎて見えるのは私だけでしょうか?

女優さんというよりも(だらしない)普通の人に見えます。

この頃の画像を見ると、目元はまだ以前のままですね。






レネー・ゼルウィガーさんは整形している?まとめ

ここまでレネー・ゼルウィガーさんの画像を見てきましたが、いかがでしょうか?

レネー・ゼルウィガーさんの場合、40代前後から急に老けこんだように見えます。

特に目の周りのシワやたるみが目立つようになり、前述の医師のコメントにもあったようにまぶたや目の下のたるみを取り除いた結果、目の形まで変わってしまったように感じました。

目の下のたるみだけを取り除いたらここまで目元の印象が変わることもなかったかもしれませんが、パッと見誰だかわからないくらい顔が変わったように見えるということは、それだけ元々の目元の印象が強かったということになります。

そんな印象的な目元を若返るために変えてしまったのは本当に残念です。


2010年の映画出演を最後に女優業から遠ざかっているレネー・ゼルウィガーさん。

2007年1月、アメリカの経済誌フォーブスがエンターテイメント界で活躍する女性で資産の多い女性トップ20を発表し、レネー・ゼルウィガーさんは総資産54億円で20位にランクインしています。

7年前の順位とはいえ、それだけ資産があればもう仕事をしなくてもいいのかもしれませんが、久しぶりに名前を見たと思ったらそれが整形疑惑とは残念です。

しばらくは整形ネタで注目を浴びることになりそうなレネー・ゼルウィガーさんですが、また女優復帰を果たした姿を見てみたいものですね。



追記

整形疑惑が勃発してから半年。

再びレネー・ゼルウィガーさんの名を目にする機会がありました。

しかも今度は「整形で激変!」ではなく、「顔の復元完了!?」との見出しが・・・。

2015年4月、ロサンゼルスで開催されたチャリティガラ「One Starry Night: From Broadway to Hollywood」に登場した際のレネー・ゼルウィガーさんがこちら。

2015年レネーの整形画像.png

「復元」というほど以前の面影はないようにみえるのですが、どうなんでしょうか?

2014年10月の画像と比べると少し痩せたのかなという感じはするのですが、映画「ブリジット・ジョーンズの日記」に出演していた当時の、ふくよかで色白な見た目とは明らかに別人です。

レネー・ゼルウィガーさんは今年46歳。

欧米の方は歳を取ると日本人に比べて老けて見える場合が多いので、この画像を見て歳相応と思えばいいのか、それよりも老けて見えると言っていいのか微妙なところではあります。

額のシワや首のシワ、肌の質感を見る限り、やはり実年齢よりも老けては見えますが・・・。

ちなみに、歌手の森高千里さんと同い年のレネー・ゼルウィガーさん。

森高千里さんが若すぎるというのもありますが、比べるとやっぱり十分老けて見えてしまいます。


2015年9月現在、レネー・ゼルウィガーさんはロンドンに滞在中で、「ブリジット・ジョーンズの日記」の新作の準備に取り掛かっているとか。

新作では、役柄のブリジット・ジョーンズは2人の子供を待つ50代の母親で、英国のテレビ番組「Sit Up Britain」の仕事を続けていることになっているそうです。

なんで今頃新作なんだという気もしますが、昔のイメージが強い「ブリジット・ジョーンズの日記」を40代になったレネー・ゼルウィガーさんがどう演じるのか楽しみではありますね。


スポンサーリンク






共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。